背景のぼかし方、絞りの加減はどうする

2017.6.4.神奈川県開成町あじさいの里

アジサイが咲き始めるころ、ちょうど田植えが始まったばかり。神奈川県の開成町あじさいの里では田んぼ沿いにアジサイが咲いています。お花だけでもきれいだけど、田んぼを背景にすることで、より季節感を出すことができます。

さて、今回は背景のぼかし具合の作例です。お花にピントを合わせて背景をぼかして撮りたい。ということで、絞りを開放で撮れば背景はボケますが、望遠レンズやマクロで接近したときなど、少し絞り込んでも背景はそこそこボケます。単に開放で背景をほんわりとボカすのもいいけど、それだけではもったいないです。少し絞ったものも撮影してみたいところです。この作例では、開放で背景をボカして撮影したのち、隣に咲いていたアジサイを撮影の際に少し絞って撮影。背景はボケてはいるものの、田んぼの苗が出てきた雰囲気が増しました。被写体のアジサイもよりピントの幅も深くなりしっかり写ります。

Nikon D7200
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

(1)1/800秒 F6
(2)1/100秒 F11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください