チューリップ 望遠レンズのマジック

2018.4.16. 島根県安来市伯太

一面にチューリップが咲いているお花畑。広角でお花をいっぱいに撮ろうと思うところだが、遠目にはたくさん咲いてるように見えるお花も、近寄っていくとお花とお花の隙間や地面も見えてくる。チューリップ畑は望遠ズームレンズでねらうとその隙間を隠すように圧縮効果でお花一面の作品がねらえる。さらに、近寄ってマクロのように大きくねらうと背景がボケて主役が引き立つ。

大口径の明るい望遠レンズを使うと前ボケ、背景のボケがとてもやわらかく見える。実際にレンズを覗いて発見できる望遠レンズのマジック。95cmまで寄れるタムロン望遠ズーム、テレコン付で400mmでねらってみるとそのボケ味がたまらない。

Canon EOS 5D MarkⅢ
TAMRON SP 70-200mm F/2.8 G2 (Model A025)
TAMRON TELE CONVERTER 2.0x(Model TC-X20)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください