写真展キャプションパネルのつくり方

2017年8月22日(火) 9月8日から開催の写真展「信越秋旅」のキャプションパネルを制作。 事前にネットで手配していた素材を使ってかんたんにできました。 (1)名刺サイズカード用紙にキャプションを印刷 (2)作品を切手 続きを読む…

日にやけても撮り方次第

アジサイも終盤になってくると、お花が傷んできてアップではなかなかきれいに撮れません。でも、少し日にやけたお花も撮り方次第では絵になるので、あきらめることもないと思います。 先日の三室戸寺で見つけたお花。少し日にやけていま 続きを読む…

露出で変わるお花の透過

アジサイも終盤になってくると、お花が傷んできてアップではなかなかきれいに撮れません。でも、少し日にやけたお花も撮り方次第では絵になるので、あきらめることもないと思います。 先日の三室戸寺で見つけたお花。少し日にやけていま 続きを読む…

カメラの高さでの違い

アジサイも終盤になってくると、お花が傷んできてアップではなかなかきれいに撮れません。それでもまだ満開であれば全景で撮影すると気にならずきれいに撮れます。先日の三室戸寺でもほとんどのお花は見ごろを少し過ぎてはいましたが、遠 続きを読む…

雑誌「フォトコンライフ」No.70

「フォトコンライフ」No.70 作品寄稿 発行:双葉社 寄稿 巻頭作品 山梨県北杜市明野 ひまわり 寄稿 記事広告 ショップ最前線 フォトブック 夏の絶景スポット「白馬」 絶景の見せ方、こんな具合に。  

偏光フィルターで出す葉っぱの色

アジサイも終盤になってくると、お花が傷んできてアップではなかなかきれいに撮れません。それでもまだ満開であれば全景で撮影すると気にならずきれいに撮れます。それだけではありません。お花の傷みを出さない方法としては、お花以外に 続きを読む…

やっぱり定番。ハート型

7月に入って、そろそろアジサイも終わりかなと思っていたけど、京都の三室戸寺でまだきれいに咲いていたので、もう少しブログのアップを続けます。 今日はピンクのハート型。ネットでも話題になっているハート型は、お花の重さでこのよ 続きを読む…

背景の色と被写界深度

7月7日金曜日は京都へ帰省。早ければいいわけでもないかなって、京都の実家に帰る東海道新幹線の旅割IC早特でこだまのグリーン車。のぞみの自由席より安い。1時間余分にかかるのは、このゆったり感を1時間余分に過ごせるお得な旅気 続きを読む…